農家紹介

農産直売所「あぜみち」にご提供いただいている農家さんや、あぜみちで取り扱っている季節の野菜を使ってくれているお店のご紹介です。

お知りになりたい農家さんを選んで下さい。

大根田トマト農園 大根田勝さん自然に左右され、やりがいがある

+

宇都宮市上籠谷、のどかな田園風景が広がる一帯で、両親と共にトマト農園を営む大根田さん。複数あるハウスの総面積は33アール。この時期は出荷に向け、連日収穫に励み、多忙な毎日を送る。
 早くからトマト農家を志していたという大根田さん。農業大学校卒業後は、両親が営んでいる農園に従事し、今に至る。日々の収穫量は一日に3,000個以上で、青い実の状態で収穫し、店頭に並ぶ頃には、真っ赤なトマトに仕上がる。また、収穫時に真っ赤に熟したトマトは「あぜみち」で販売をしている。「病気はもちろん、水分、温度の管理に一番気を配ります」と大根田さん。「桃太郎」という品種を育てているが、水分量、温度がしっかり管理されてこそ、大きさ、甘みのバランス取れたものが実る。「管理は重要ですが、天候など自然環境に左右されます。そこが難しさでもあり、魅力です。やりがいを感じます」と、トマト作りの醍醐味を語ってくれた。この時期の“春トマト”の収穫は6月下旬頃まで。その後8月下旬からは抑制栽培されたトマトが11月上旬頃まで続く。
 今後は葉に二酸化炭素をよりよく吸収させ、自然の摂理に従い、光合成をしっかり行う新たな栽培方法にチャレンジしたいと語る。しっかりとした実が育つのだそう。現在31歳、若き農家のトマトへの愛情は深く、挑戦もまだまだ続く。私たちの食卓を支えるヒーローを引き続き応援していきたい。

大根田トマト農園のトマト
 春~初夏、秋~初冬
ビタミンC、リコピンが豊富で栄養価が高い。サラダはもちろん料理での活用の幅も広い。

AKI農園 清水彰浩さん自然の中で強く育った野菜はおいしい

+

清水さんが作る野菜は、化学農薬・肥料を一切使わない有機農薬で育てられたもの。その野菜作りのルーツは大学時代に遡る。農業について学ぶ中で、那須塩原市にあるアジア学院でボランティアとして従事し、そこで出会ったのが有機農業だ。堆肥は自然由来のものを使い、環境や生育状況に合わせて量やタイミングを調整する作業におもしろさを感じたそう。自然と共存する意義と大切さを学ぶきっかけになった。以降は青年海外協力隊としてドミニカ共和国で有機農業の普及に務め、帰国後は有機農業で知られる神奈川県「相原農場」で働きながら、自らの農園を持つため、研修を受けた。  ハウスを覗くと水菜、チンゲン菜、小松菜、春菊、カブが伸びている。化学肥料に頼らないため、一般的に流通する野菜よりも薄く青みがかった色で、一見すると小ぶりながらも、力強い。野菜本来が持つ自然の力で育つため、甘みや味が濃く、凜とした澄み切った味わいがある。「野菜は自分で生きる力を持っている。自然の中で強く育った野菜はやはりおいしいです」と語る。「Nukumori」では小松菜を使い、ジュースとして提供される。野菜を主役にした料理に定評がある同店。「AKI農園」の野菜作りを応援する。また旬の味は「野菜セット」として、個人宅への配送販売や単品は「農産直売所あぜみち」でも購入ができる。家庭でもその味を試してみては。

AKI農園の小松菜
 晩秋~初春
 ビタミンAが豊富で、鉄分などのミネラルもたっぷり。冬にも強いので、通年栽培される。