TSUNA-GARU-TOCHIGI

食べる・見る・買う…何気ない営みの中にも、実は栃木の良さがいっぱい。生産者、農作物など普段は裏方であるもう一人のヒーローを紐解くことで「人」の繋がりが見えてくる。

2018年10月

諏訪農園


県南でブドウを突き詰め、農業を経営する若き職人

 優れた地場特産品に贈られる称号「下野ブランド」に、今年度「シャインマスカット」が認定された諏訪農園。「ブドウができ始めて5年、ようやく品質を保てるような土壌を作ることができました」
 農家の長男だが“農家”を後継することには消極的だった諏訪さん。しかし都内で働き社会を経験、俯瞰で家業を見つめ直したとき、“一企業としての農業”に面白さを感じた。「農家は職人でもあり、同時に経営者であることが必要。やりがいある仕事だと感じました」
 後継するにあたり、自らの農業経営の主軸となる農作物を模索していたとき、ブドウに巡り会う。果樹栽培は未知の世界だったが、栃木県農業試験場で基礎を学んだ。そんな中、運命の「シャインマスカット」に出会う。尊敬する師匠にも巡り会うことができ、今の諏訪農園のスタイルができ上がった。地元の誇りとなる商品を作り上げ、今年はふるさと納税の返礼品にも選ばれている。今以上においしいブドウを目指し、汗を流す毎日だ。
 そのままでもおいしいシャインマスカットを至極の商品へと変貌させるのは、壬生町の有名和菓子店「松屋」。やわらかい餅とほどよい甘さの白あんが、ブドウをやさしく包む。「餅が温かいうちでないとうまく作れないので、スピード勝負です」と神永社長。素早く手の中で形成し、でんぷん粉で白い化粧を施す。流れるような手さばきで、一口大の愛らしい大福を次々と生み出していく。2種類1袋で販売されるこの商品は、一方のブドウの生産が終了した時点で製造休止。旬なブドウのおいしさを味わえるのは期間限定だ。
 大地の力を根から取り込み実を熟成させる、果実ならではの華々しさがある。新鮮なパワーを享受して、四季を感じるのも一興だ。

Information

日光あおぞら農園

しもつけ彩風菓 松屋

* TSUNA-GU 店

Information

321-0201 壬生町安塚2284-1

電話:
0282-86-0051
営業時間:
AM9:00〜PM5:30
休:
火曜(月に1回連休有り)
駐:
15台

* TSUNA-GU グルメ

ぶどう大福

 486円/とろりとやわらかな餅が、甘みの強い巨峰とみずみずしい果汁たっぷりのシャインマスカットを包み込む。餅の上品な甘さと果実のほどよい酸味がベストマッチ。秋ならではの至福の一品。