TSUNA-GARU-TOCHIGI

食べる・見る・買う…何気ない営みの中にも、実は栃木の良さがいっぱい。生産者、農作物など普段は裏方であるもう一人のヒーローを紐解くことで「人」の繋がりが見えてくる。

2022年6月

生井果樹園 〜NAMAI FRUITS GARDEN〜 生井 健斗さん


地域第一人者として 若き力が桃栽培に尽力

大きなハウスが建ち並ぶ2ヘクタールの畑で、梨をメインにさまざまな果物を栽培する生井さん。一度は農業とは無縁の企業に就職したが、21歳で就農した。「当初は梨だけだったのですが、10年前から父が桃を始めました」。芳賀町で桃を栽培する農家はなく、知識ゼロからの出発。まさに第一人者として親子で取り組んだ。そんな折、父が他界。わからないことばかりで戸惑う時に助けてくれたのは、父の友人たちだった。若くして後を継いだ生井さんを支えてくれたという。「もともと芳賀の農家さんは、大変な時はみんなで乗り越えよう、という仲間意識が強く助けられています」と話す。そして周囲に支えられながら4年前、ようやく桃の出荷にこぎつけた。しかしまた難題がふりかかる。「誰もここで桃が採れるなんて知らないので、販売先がなかったんです」。そこで取った行動は「桃を持って、ケーキ屋さんを回りました(笑)」。販売先も自身で切り拓く、そのバイタリティに感服だ。現在は、ブルーベリーやサクランボなどあらたな果物栽培のほか、ハウス梨の栽培にもチャレンジするなど、精力的に動き続ける生井さん。「果樹園と名乗っているのだから、父はいろいろな果物を栽培したかったはず」。父からのバトンをしっかりと受け取り進み続ける。終始農業を心から楽しんでいることが伝わってくる生井さん。今後のさらなる活躍を期待したい。  そんな生井さんの飛び込み営業を受け、桃を使った絶品スイーツを生み出したのは「杜のパティスリーぐるまん」の石川 喬シェフ。「生井さんの桃は名立たる名産地の桃とまったく引けをとらない」と太鼓判を押す。ケーキ・タルト・ゼリー…この時期限定の桃スイーツ、短い旬を逃さず味わいたい。

Information

生井果樹園 〜NAMAI FRUITS GARDEN〜 生井 健斗さん

商品は、あぜみち全店と8月上旬から10月下旬までオープンする直売所(芳賀町給部19-41)で購入可能。桃は7月下旬までが旬。

RESTAURANT arpege

  

* TSUNA-GU 店  

Information

321-3226 宇都宮市ゆいの杜5-22-16

電話:
028-623-1808
営業時間:
10:00〜19:30
休日:
月曜、第3火曜(祝日の場合変動あり)
駐車場:3台
                

* TSUNA-GU グルメ

まるごと桃ゼリー 

670円/1個まるごとの桃を、桃のゼリーで閉じ込めたぜいたくなケーキ。店で追熟し味や香りを引き出した桃はジューシーさも格別。毎年ファンが待ち望む人気商品のため、前日までに予約がおすすめ。